スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.23 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

            

チーズオクラ雑炊

41030
昨日カレーを食べ過ぎて朝食は柿とミカンだけだったのに
夕方にはすっかりお腹が空いてあれこれお菓子をつまんでいました。

夜は久しぶりにたん吉さんに行きました。
いつものとおり煮奴で始まって
最後はチーズにら雑炊を注文。
でも今日の雑炊はにらじゃなくてオクラが入ることになりました。
チーズオクラ雑炊、初挑戦です。
おいしいかった!
見た目もお花みたいなオクラの輪切りにニンジンの千切りがちらばって
かわいかった!

夜空には高いところに三日月が輝いていました。

今日の絵は「三日月に相談」

            

たん吉さん・お知らせ

9月に再開したばかりのたん吉さんレポートですが
都合によりお休みすることになりました。

お料理の絵は描かないけど
これからもいつもどおりお店に行くつもりですので
時々たん吉さんのことをこのブログで紹介したいと思っています。

今後ともたん吉さんをどうぞよろしくお願いします!
お店でお会いしましょう〜!

 「たん吉」
場所:富田町2丁目34・4F
営業時間:16:00〜22:00
休日:日曜

            

たん吉さん・展示替え

今日はたん吉さんに掛けていただいている絵を取り替えてきました。

41002ilrosa
新しい絵はこれ。
先月イルローザ鳴門店さんで二人展に展示してた作品です。
入口すぐの壁に掛かっています。
たん吉さんに行ったらぜひ!ご覧ください。

そういえばタイトルが分からない。・・ん?付けたっけ?

            

たん吉さん・その56

9月下旬、台風が去った次の日です。蒸し暑い。

409煮奴
「煮奴」
お店はクーラーが効いてましたが
目の前には久しぶりの大きなお鍋。
この秋初めての煮奴をいただきました。
だしがしっかり豆腐全体にしみていて
ネギ、一味がさらに美味しさを引き立ててくれます。
長い旅からお家に帰ってきたかんじのほっこり感でした。

409イワシ丸干し
「イワシの丸干し」
銀色がキラキラまぶしく青味掛かった背の
泳いでいるかのような美しいイワシ。
体長12〜15センチくらいです。
あまり油がなくてあっさり。
頭も背骨も分からないくらいの固さで
しっぽまで全部食べられました。
お腹の苦みも後味がすっきりとしていて、お酒にぴったりです!

409アジのピカタ
「アジのピカタ」
黄色と赤の派手な色合いがひと際目を引く、にぎやかな大皿を発見!
その丸くてかわいいものの正体はアジの切り身でした。
卵の衣のせいか、やさしくふわふわした食感。
3口で食べられます。
見た目も大きさもお弁当にぴったり。
トッピングのケチャップが遠足並みにテンションを上げてくれます。
嬉しくなってもう一皿おかわりしてしまいました(笑)

来週から10月ですね。
たん吉さんに行ったら最初の注文は「煮奴」でどうぞ!
忘れてても、みんなそうするからすぐ思い出しますよ!

「たん吉」
場所:富田町2丁目34・4F
営業時間:16:00〜22:00
休日:日曜

            

たん吉さん・その55

9月半ばのまだ暑い日。
昼間は突然の雨が2回も降りましたっけ。
店内には久しぶりに集まったお仲間らしき皆さんがお話しに夢中。
めっちゃ楽しそうでした。

409焼きナス
「焼きナス」
長さ20センチくらいの、プリプリとしたナス。
焼きナスならではの香ばしさと
とろんとした甘さがいっぱい詰まっていました。
薬味は定番のショウガ、カツオブシ、スダチです。
最強の組み合わせですね!
ヘタが添えられているのですが
食べるまで切れているのが分かりませんでした。
紫色のヘタがあるだけですっごくおいしそうに見えますね。
そして切れているので食べやすいです。さすが!
あ、このナスは醤油をかける前の状態です。

409イカの一夜干し
「イカの一夜干し」
スルメイカを干したものを炙っていただきます。
しっとりとして適度な弾力があります。
ほんのり甘くて、香ばしく、ショウガ醤油がよく合います。
添えられていたのはキュウリ、スダチ、青葉、ミョウガ。
けっこう食べ応えがあってお腹いっぱいになってきました。

409玉子どうふ
「玉子どうふ」
煮奴のない夏、今年はこの玉子どうふがお気に入りでした。
つるんと喉を通る感じがたまりません。
器にたっぷりと入っただしは、もちろんたん吉さん特製。
だしの塩気と玉子の甘みの絶妙さは
セットで売ってたんじゃないかと思うほど。
スダチの輪切りも涼しげです。
先週、煮奴が再開したので、
玉子どうふは来年の夏までお休みだけど、
ぜひ覚えていてほしい一品です!

というわけで、また台風が来たりしてますが
ついに煮奴の季節になりましたー!


「たん吉」
場所:富田町2丁目34・4F
営業時間:16:00〜22:00
休日:日曜

            

たん吉さん・秋の号外

突然ですがお知らせです。
たん吉さんの寒い季節の大人気料理「煮奴」が始まったそうです。
女将たくこさんから連絡がありました!

明後日くらいから徳島も、ぐっと気温が下がるようですね。
ぜひ、たん吉さんに寄って煮奴で温まってください。

それから
8月は個展のため、たん吉さんレポートをお休みしておりましたが
今月から復活します。
お楽しみに〜!

今日は絵がない〜!!

            

たん吉さん・その54

夕方から雨のはずが晴れて、蒸し暑い夜になった7月半ばのある日。
いつもは常温でいただく日本酒ですが、冷酒を勧められて初挑戦。
まろやかで冷たさが心地よいです。夏ですねー。

407ガガネの煮付け
「ガガネの煮付け」
ものすごい形相に赤と黒のシマシマ模様のヒレ。
どこから見ても恐ろしげですが味は評判のガガネ。
私も大好きな魚です。体長15cmくらい。
あ、徳島ではガガネと呼びますが、全国的にはカサゴだそうですね。
甘みがあってふっくらとやさしい味が、
だしでより引き立てられています。


407キュウリと青ウリの塩もみ
「キュウリと青ウリの塩もみ」
ウリの爽やかな香りに塩味が効いています。
ほんの少し入っているキムチが口の中で主張します。
2つのウリの違いも楽しいです。
夏は塩辛いものも食べやすいですね。
体が求めているのでしょうか。

407タコぶつ切り
「タコぶつ切り」
もっちりとねばりのある身で、噛み応えがすごいです。
直径5ミリくらいある吸盤は、がっしりとして何か別の実のような食感。
キュウリ、スダチ、青葉、ワサビ、ミョウガと一緒に
ガラスの器に盛りつけられて、とっても涼しげです。
この絵ではガラスっぽさ出てないけど(汗)
グラスに入った冷たい日本酒とよく合うのでした。

最後はにゅうめんでちょっとお腹をあたためて帰りました。

「たん吉」
場所:富田町2丁目34・4F
営業時間:16:00〜22:00
休日:日曜

            

たん吉さん・その53

7月初めのたん吉さん。
煮奴の大きなお鍋がなくなってちょっと淋しいけど
夏には夏のおいしいものを楽しみましょう!

407ひじきの白和え
「ひじきの白和え」
あっさり薄味の白和えです。
ふわふわ豆腐にひじきと揚げの弾力がなんとも心地よいです。
日本酒によく合う落ち着いた一品なんですけど
器の色が派手に出ちゃって落ち着きない絵ですみません。

407ヤリイカの煮付け
「ヤリイカの煮付け」
赤い点々の皮と真っ白な身が鮮やか。だしがよく滲みています。
身はちょっとコリコリしていて、吸盤のプチプチが不思議な食感です。
吸盤がしっかりしているのは新鮮な証拠だそうです。
まるごとだけど、体長15cmくらいでしょうか。
私にはちょうどよい大きさでした。

407きしめん
「きしめん」
定番メニューのきしめんです。久しぶりにいただきました。
麺つゆにはウズラの卵が入っています。これも久しぶり!
ツヤツヤのツルツル麺に、卵とワサビが絶妙に効いてます。
きしめんならではの歯ごたえがたまりません。

器は南の海のような青色で波模様が入っています。
白い麺がよく映えて涼しげです。
でも、冬に注文する人も多いそうですよ。

この日は「オクラにしらす」とか「茎ワカメの煮もの」とか
あっさりしたものばっかりいただいてました。
食欲がない暑い日でも、たん吉さんに来れば大丈夫ですよー。

「たん吉」
場所:富田町2丁目34・4F
営業時間:16:00〜22:00
休日:日曜

            

たん吉さん・その52

6月半ば。 夕方にはやんでるはずの雨がまだ続くなか
たん吉さんに到着すると、ドアが閉まっていました。うわ。
クーラーが付いてたからなんですけど
このところ夕方は窓もドアも開いていたので、ちょっとびっくり。
温度も湿度も上がってきたということですねー。
とか思いつつ、まずは「煮奴」からいただきました。

406オクラ
「オクラ」
サッと茹でたオクラです。
カツオブシ、しょうゆ、スダチが掛かっています。
ちょっぴり固めというかしっかりしてるけど、中はとろとろのねばねば。
青臭さもなく、スダチの香りがさわやかです。
旬の野菜はシンプルにいただくのがいちばんですね。

406たち魚塩焼き
「太刀魚塩焼き」
指4本の太刀魚は子持ちで今がおいしい時だそうです。
前回お刺身で登場しましたが、今回は塩焼きでいただきました。
腹の苦みと白身のシンプルなうま味が楽しめました。
長い背びれの骨を取り除いてから焼いているため
身がスルッと外れて食べやすくなっています。
ちょっとしたひと手間で、よりおいしく感じられるものですね。
塩がほどよく効いていたので、スダチだけでいただきました。

406昆布とシイタケの煮もの
「昆布とシイタケの煮もの」
カウンターの大皿では定番のお料理です。
昆布はツヤツヤ、しいたけはふわっと柔らかい。
一味と酢が程よく効いていて、
いつもながらホッと和む味わいの一品です。
あ、絵の色がちょっと鮮やか過ぎてます。
もっと落ち着いた色合いなんですが
すみません、まだ絵の具のコントロールができてません・・。

さて、長年のたん吉ファンの皆さまは
そろそろかな?と覚悟されていると思いますが
「煮奴」が6月28日(土曜)で終わります。
あと2日しかないけど、
これを逃すと秋まで食べられませんよー!


「たん吉」
場所:富田町2丁目34・4F
営業時間:16:00〜22:00
休日:日曜

            

たん吉さん・その51

梅雨入りしてずっと雨マークだった6月上旬の週末。
この日も雨が降ってたけど、午後には上がりました。
たん吉さんには早い時間から1人、または2人連れのお客さんが
次々とやってきました。
みんな晴れるのを待ってたのかなあー。

406ピーマンとカツオの三杯酢
「ピーマンとカツオの三杯酢」
ピーマンとカツオって?と思ったけど三杯酢で仲よくなってるかんじです。
そんなに酸っぱくなくて、薄味。
お酒片手にちょびちょびとつまむのにちょうどよいです。

406たち魚刺身
「たち魚刺身」
透きとおった薄いピンクの身に、キラキラとした白い皮。
きめ細かくてコリコリとした弾力もあって
爽やかな一品です。
後方には大葉とワカメ、キュウリ、スダチ。なんだか山の景色みたいです。


406なす田楽
「なす田楽」
たん吉さんの定番です。揚げたナスにゆず味噌が乗っかってます。
黒い皮と薄緑色の身のシマシマがすごーく鮮やかなのも
とろんとした食感も油のなせるワザでしょうか。
やっぱりナスと油はよく合いますねー。
ナスのみずみずしい甘みに、ゆず味噌の複雑なうまみがぴったりです。

あのー。
今回の絵がいつもと違うとお気づきの方、いらっしゃるでしょうか??
あ、いや、何も出ませんけど。
描き方をちょっと変えてみました。
色塗りまでほとんど手描きです。水彩色鉛筆です。
まだ要領がつかめてないので
これからだんだん上手になっていくか、もしくは
また”色付けは全部フォトショップ”に戻ってしまうか・・
さてさて。


「たん吉」
場所:富田町2丁目34・4F
営業時間:16:00〜22:00
休日:日曜


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

PR

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM